PEXAとは

価値ある業務システムでビジネスを成長させる

自社のビジネスに合う、オリジナルの業務システムを導入するのは容易なことではありません。


コンサルタントに頼んで要件定義はしたけど、システム開発段階で要件定義の内容が全く役に立たない。
パッケージを導入したけど、自社のビジネスにフィットしない。
新システムの導入はできたけど、ビジネスの変化に追従できない。

こんな話が現状のシステム開発の世界では、いたるところで聞かれます。

アトリスは様々な企業の業務システムの開発経験から、
PEXA(ペクサ)という業務システム開発プラットフォームを構築しました。

業務分析~要件定義~設計開発~運用まで、あらゆるフェーズを支援するPEXAを活用しながらシステム導入を成功させます。

PEXA Suiteの構成要素

PEXA Suiteの構成要素

PEXA Methodology
従来の分析手法や設計・実装手法の問題点であった、上流と下流の成果物の不連続性や曖昧性を解消した業務分析手法です。 上流から下流まで一貫した成果物の導出方法と検証方法を提供します。
PEXA Works
PEXA Methodologyで導出される各種成果物ドキュメントを自動生成する機能を提供するツールです。
PEXA Engine
業務コンテンツ定義を直接読み込み、解釈・動作させるフルJavaによる実行エンジンです。 ハードコードを排出する事なく、記述した業務ステートメントを直ちに実行します。

PEXA活用のメリット

見える化

見える化

工学的に定義された業務分析手法による業務の可視化が可能

ロジックコンポーネント

高速性・安定性

プログラムを書かないのでバグが発生しにくい

クラウド

適合性・視認性・拡張性

将来の業務範囲の拡大、機能追加対応に優れている

コーディングを最小限に

オープンテクノロジー

追加のソフトウェアコストを抑制

ロジックコンポーネント

設計ドキュメント

開発アプリケーションと設計ドキュメントの内容が乖離しない

クラウド

豊富な外部連携機能

  • WebAPIを経由した各種Webサービスとの連携
  • JMSを経由したEAI,EDIツールとの連携
  • Java経由のPlug-inによる外部システム、制御機器との連携
  • 社外からのセキュアなアクセスもサポート

PEXAの概要及び標準成果物

PEXAの概要及び標準成果物

他の開発手法に対するPEXAの優位性

対スクラッチ開発

  • 高速性・安定性
    プログラムをスクラッチで記述しないため、バグ等の不安要素が排除されている。
  • 視認性
    アプリケーションの動作レビューを早い段階から実アプリで着手可能
  • ドキュメント性
    プログラムを記述するわけではなく、業務内容を定義する。定義内容はドキュメントとして活用可能

対パッケージ導入

  • 業務への適合性
    業務をパッケージに合わせる必要がない
  • 拡張性
    業務の変更・拡張が必要になった場合でも、業務定義の変更・拡張で対応可能
  • 不必要な機能の排除
    不必要な機能が含まれないので、システムをシンプルに保てる

PEXA成果物一覧及び自動化の状況

【工程】
業務可視化・業務分析・業務改善・要件定義
RFP作成・シナリオテスト・POC

PEXA成果物役割導出方法
業務俯瞰図 ヒアリングに基づき、規約に沿って顧客業務を可視化 手動
イベント・コア一覧 業務俯瞰図上のコアとイベントの一覧 自動
シナリオドメイン表 コアとイベントをマトリクス化 自動
シナリオチャート 業務俯瞰図で洗出したイベントの振る舞いをフロー図形式で定義 手動
(手順に従い)
シナリオチャート
(BPMN2.0表記)
PEXA開発上は特に意味なし
(成果物に指定がある場合)
シナリオチャートから自動変換
機能要件リスト(RFP) シナリオチャートで定義した機能を一覧化 自動
(ツール化予定)
プロトタイプ(モックアップ) アプリ画面の展開イメージの確認用 自動

【工程】
基本設計・詳細設計・実装・メンテナンス

PEXA成果物役割導出方法
SVO一覧 シナリオチャートで定義したロールタイプからモデルへのアクセス方法を一覧として定義 自動
アクティビティ定義 モデルへのアクセス方法を定義 自動
モデル定義 DB設計 自動
(但し特殊部分のみ手動で追加)
クライアント定義 画面の自動生成を行うための定義 自動
(手動によるカスタマイズも可)
サービス定義 特殊な業務ルール記述が必要場合にPEXA定義により記述 手動
(特殊なルールのみ)
AET定義 口座管理、在庫管理、残数管理向けのフレームワーク・エンジン用の定義 手動
(手順に従い)
Assignment定義 トリガーとなるモデルから他のモデルの操作などビジネスルールを管理するフレームワーク・エンジン用の定義 手動
(手順に従い)
Todo定義 ワークフローが必要な機能についての操作などビジネスルールを管理するフレームワーク・エンジン用の定義 手動
(手順に従い)
クロスリファレンス モデル、ルール等のカタログ 自動

PEXA公式ドキュメント