業務分析コンサルティング

業務システムは経営に直接関係してくるシステムです。
目まぐるしく変化していくビジネスの実態をとらえて、変化に追随できるような強力なシステムを構築するには適切に業務内容を調査、把握できるかが肝となってきます。
業務分析手法は時代と共に方式の流行り廃りの推移が激しいです。手法の論争も起きるぐらいです。

書籍やWebサイトの記事では色々な手法、記述方法が紹介されていますが、残念ながらそれらを知るだけでは、業務分析時の本質的な問題を解決できません。

 

アトリスでは、20年近く上流工程、開発工程の現場のニーズに鍛えられた経験をもとに、独自の業務分析ノウハウを生み出し、業務分析コンサルティングを行っています。
分析すべき内容をポイントをずらさずにインタビューすることで、お客様の業務を効率よく分析し開発フェーズに引き継げるようにいたします。
システムのリプレースや新規導入を検討中、あるいはオリジナルのシステム開発を行いたい方、業務分析をやりたいが、やり方がわからないなど、どのような事でもお気軽にお問い合わせください。

なぜ業務分析が必要か

業務分析を行う目的をしっかりと考える必要があります。業務分析は業務改善、業務システムの効果的な開発につながるものでなければ行ってもあまり意味のないものになってしまいます。

 

各ステップのゴールを明確に見据えたうえで、戦略的に分析を進めることが重要です。
業務システムを新規に構築する、あるいはリプレースする上で、まず初めに行うべきことは、現行の業務分析です。

 

アトリスの業務分析では普段無意識に行っている業務を組織全体を俯瞰する観点から整理していきます。業務俯瞰図という成果物を最初に作り上げます。
分析者が業務担当者にインタビューをする形で俯瞰図を作成していきます。誰でも理解できる言葉と図で会話をすすめるので、業務担当者も自分業務を整理する動機につながります。インタビューも回を重ねると業務担当者が主体となって進行してくれる場合が多いです。
この俯瞰図が全ての成果物のインデックスとしてトップレベルの情報になります。ここを整理せずに個別の業務フローを追いかけると、大方の現場担当者は自分の責任領域のみに興味がいき、他の部門への繋がりには無関心なことが多いため、整合性の取れない分析結果を得ることになります。

適切な業務分析を行わないでシステム開発を行うと、開発工程で見つかった仕様バグを大量に生み出すことになり、
発注者、受注者ともに大きな経済的リスクを背負うことになります。
システム導入失敗の多くの原因は、上流工程の失敗にあると言われるとおり、初めに業務要件をしっかりと決めることが大切です。

 

アトリス独自の業務分析では、PEXAの業務分析手法にしたがい上流分析を行ないます。この分析手法をRIT分析開発手法と呼んでおり, Role,Initiative,Target(RIT)に基本をおいた分析を行い、業務とデータ・項目の関連性などを分解し可視化します。

RIT分析手法は業務の流れの中心である伝票を核とした業務に特化した検証可能な成果物の導出をおこないます。特に既存の手法において曖昧な成果物の導出、検証などに対して伝票を中心とした業務に特化することで、特定の業種 業態、記述者に依存しない形式で明確な表記が可能となります。

 

他部署間でのデータ連携、他組織へのデータ連携など、ヒアリングを行いながら、業務上統合したい、あるいはシステム改修のネックになってる箇所など改善したい部分なども併せて分析をおこないます。

 

各種の自治体、官庁、企業様でアトリスの業務分析手法を採用いただいております。

 

アトリス業務分析サービス

Atrris業務分析サービス

アトリス業務分析サービスでは、企業・官公庁・団体など各種事業を営む組織の営為活動を「事業俯瞰的」に分析します。
事業を俯瞰的に分析することで、その事業を営む上で必要な各種業務群と、それらの関係性を弊社分析方法論と表記法に則って「俯瞰図」に整理します。

 

俯瞰分析を通じて、業務要件を明確にし(上図①、②)、業務改善の検討(上図②、③)および、その検討結果に基づき、IT化による効率化を追求する業務について、IT化推進を図る支援をいたします(上図③、④)。

 

アトリス業務分析の特徴と必要性

アトリス業務分析の最大の特徴は事業を俯瞰した分析にあります。
俯瞰分析では、個別業務担当者の業務プロセスを記述するのではなく、事業を遂行する上で存在しなくてはならないCORE/EVENT(下図参照)の「存在」とそれらの間の「関係性」を明らかにすることに専念し、事業を営む上での本質に迫ります。

 

俯瞰分析を完了し、事業の観点から業務を理解して、はじめて業務に関する各種議論(AsIs・ToBe分析、業務プロセス整理、機能要件・要求仕様策定等)ができるようになると考えます。
俯瞰分析は業務に関して語る上での整地作業、基礎工事などといった前工程に相当します。

coreとevent

 

分析の進め方

弊社分析手法に基づくヒアリング(確認)方式にて実施いたします。
ヒアリングを実施するにあたり、ご対応いただくワーキンググループ(WG)の設営をお願いしております。
・経営層、事業責任層を中心としたWG(上図①)
・業務部門担当者を中心としたWG(上図②〜④)

 

分析後のシステム化に向けて

アトリス業務分析成果物を活用したシステム構築に向けた、設計・実装・開発方法論および開発環境PEXA*2につきましても、合わせてお問い合わせください。